USJホテルガイド -おすすめの一泊-

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)周辺にあるおすすめホテルの最安値・口コミ・ランキングなどを紹介します。

USJのJCBラウンジに入る4つの方法。内部も紹介。

      2017/11/22

USJのJCBラウンジの看板

© USJ Hotel Guide

USJの中にある、JCBのスポンサーラウンジに行ってきました。

このラウンジはジュラシック・パークエリアにあるアトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」のラウンジです。

今回は、このJCBラウンジに入る方法と、ラウンジ内の様子を写真付きで紹介します!

スポンサーリンク

スポンサーラウンジとは

USJの総括的な運営は、株式会社ユー・エス・ジェイが行っています。

しかし、パーク内のアトラクションやレストランの多くは、スポンサー企業の資金援助によって運営されています。

そのため、スポンサー企業の関係者は、各施設において、優待サービスを受けることができます。 そのサービスの一つがスポンサーラウンジです。

USJに存在するスポンサーラウンジには、次のようなものがあります。

スペース・ファンタジー・ザ・ライド – NTTドコモ
ミニオン・ハチャメチャ・ライド – JAL
スヌーピーのグレートレース – 日本生命
バックドラフト – JTB

JCBラウンジについて

USJのJCBラウンジ

© USJ Hotel Guide

JCBラウンジは、日本発唯一の国際カードブランド「JCBカード」を発行する、株式会社ジェーシービーが運営しています。

現在、JCBが運営しているUSJのアトラクションは、ジュラシック・パークエリアにある「ザ・フライング・ダイナソー」です。

2016年3月にオープンした、ザ・フライング・ダイナソーは、USJの開業15周年を記念して建設されました。

映画「ジュラシックパーク」の世界を再現しており、巨大なプテラノドンにさらわれて、空中を振り回されるというストーリーになっています。

腹ばいで飛行する「フライングコースター」としては、世界最長(1,124m)、世界最大の高低差(37.8m)を誇るため、USJで最も怖い絶叫アトラクションと呼ばれています。

JCBラウンジの特典

JCBラウンジの利用者は、次のサービスを受けることができます。

スタンバイ不要

USJのJCBラウンジの待ち時間

ザ・フライング・ダイナソーは、USJで最もスタンバイ時間が長いアトラクションです。休日のスタンバイ時間は180分を超えることもあります。しかし、JCBラウンジ利用者は、待ち時間約10分で乗ることができます。待ち時間といっても、ラウンジ内でドリンクを飲みながら座っているだけなので、実質的なスタンバイは0分です。

無料ドリンクサービス

USJのJCBラウンジの無料ドリンクバー

ラウンジでは、コーヒー、ジュース、お茶などを無料でいただくことができます。コーヒーは豆から挽けるコーヒーメーカーが設置されており、アイスとホットの両方があります。ペットボトル飲料は、280mlが1本まで無料です。

JCB×USJのオリジナルグッズ

USJのJCBラウンジのお土産

ラウンジ利用者は、JCB×USJのコラボオリジナルグッズがもらえることがあります。私が利用したときは、セサミストリートのキャラクターが描かれた、ハロウィン限定の光るパスケースを一人1個ずつもらうことができました。

JCBラウンジの様子

JCBラウンジ専用扉

USJのJCBラウンジの専用扉

ラウンジを予約していることをキャストに伝えると、アトラクションの降り口にあるJCBラウンジ専用扉を入るよう指示されます。この黄色い扉の向こうに、JCBラウンジがあります。

ソファとイス

USJのJCBラウンジのソファ

ラウンジ内には、6つのソファと10以上のイスが設置されており、自由に着席することができます。私が利用したときは、2組しかいなかったため、ゆったりと利用することができました。

大型壁掛けテレビ

USJのJCBラウンジのテレビ

ラウンジの奥には、大型の壁掛けテレビが設置されています。私が利用したときは、USJのアトラクション解説動画がループ再生されていました。

USJ関連本

USJのJCBラウンジの雑誌

ラウンジ内にある本棚には、USJ関連の本や、大阪、京都の観光案内本、恐竜の本などが多数置かれています。これらの雑誌は、ラウンジ利用中、自由に読むことができます。

サービスカウンター

USJのJCBラウンジのカウンター

JCBスタッフ用のサービスカウンターです。私が利用した時間帯には、2組の利用者に対して、1名のJCBスタッフが常駐していました。

トイレ

USJのJCBラウンジのトイレ

ラウンジ内にはトイレもあります。ウォシュレット完備のキレイなトイレで、手洗い場では、心地よい温度のお湯が出ます。

JCBラウンジに入る方法

USJ内のラウンジの多くは、スポンサー企業の関係者以外は利用することができません。

しかし、JCBラウンジは、ある条件を満たせば、関係者以外も利用することができます。

その条件は、JCBが発行する上位のクレジットカードを所有することです。

具体的には次の4つのカードのいずれかを所有することで、利用することができます。

JAL JCBカード・プラチナ

JCBJALプラチナ

© JAL

JCBブランドのJALカードです。プラチナカードに位置付けられています。

通常のプラチナカードの場合、カードの発行が招待制になっていることが多く、インビテーションを貰うためには、最低でも1年以上の実績が必要です。

しかし、JAL JCBカード・プラチナは申込制のため、クレジットカードの審査さえ通過すれば、誰でも所持することができます。

そのため、今回紹介する4つのカードのうち、最も入手が簡単な狙い目カードといえるでしょう。

また、JALは「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」のスポンサーになっているため、このカードでマイルを貯めることで、JALラウンジを利用できる可能性もあります。

USJを遊び倒すには、最も理想的なカードといえるでしょう。

詳細はJALカード公式HPで確認してください。

>>JALカード公式HP

JCB ゴールド・ザ・プレミア

ゴールドプレミアJCB

© JCB

JCBが発行する、招待制のゴールドカードです。JCBゴールドを所持している人のうち、カードの年間利用額が100万円以上であれば、所持することができます。

普段のショッピングや、スマホ代、電気代などをカード払いにすれば、比較的簡単に条件はクリアできるでしょう。

また、このカードは、京都駅構内にあるJCBラウンジも利用することができます。

USJと一緒に京都観光も検討している人には、とてもおすすめです。

まだJCBゴールドを持っていない方は、まずはゴールドで実績を積みましょう。

>>JCBカード公式HP

JCBプラチナ法人カード

JCBプラチナ

© JCB

経営者・個人事業主向けのプラチナカードです。

JAL JCBカード・プラチナと同じく申込制のため、インビレーションは必要ありませんが、会社経営者しか申し込むことができません。

経営者の方は検討してみるといいでしょう。

>>JCB法人カード公式HP

JCB THE CLASS

ザクラスJCB

© JCB

JCBが発行する最高ランクのカードです。

JCB ゴールド・ザ・プレミアの上に位置付けられているため、所持するためには、2回インビテーションを受けるのが一般的です。

もちろん、京都のJCBラウンジも利用することができます。

そんなJCB THE CLASSですが、実はUSJよりも東京ディズニーリゾートで、多くの特典があります。

ディズニーランド、ディズニーシーの各JCBラウンジに加え、ディズニーランド内にある幻のレストラン「クラブ33」にも入ることができます。

詳細は、下の記事で確認してください。

>>JCB THE CLASS(ザ・クラス)の取得方法

    USJのJCBラウンジは、「フライングダイナソー」に優先搭乗することができるラウンジです。

    東京ディズニーリゾートのJCBラウンジとは異なり、JAL提携カードやJCBゴールドカードでも入ることができます。

    おすすめは「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」のJALラウンジにも入れる可能性があるJALカードです。

    USJをお得に立ち回りたい人は、ぜひ1枚持ちたいカードです。

 - VIP, スポンサーラウンジ